人気ブログランキング |

ちょっこずつ

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
> mashiro50..
by chico-plus2018 at 10:11
息子もですが、長男君も根..
by mashiro507 at 09:40
> mashiro50..
by chico-plus2018 at 20:15
指揮者だなんてすごーい!..
by mashiro507 at 14:26
> ganbaru-o..
by chico-plus2018 at 06:58
断れないのではなくて、や..
by ganbaru-okan at 22:39
> ganbaru-o..
by chico-plus2018 at 22:51
> mashiro50..
by chico-plus2018 at 22:24
春休みですもんねぇ。 ..
by ganbaru-okan at 14:34
言いたいことわかる気がし..
by mashiro507 at 12:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
指揮者からの新学期スタート!
at 2019-04-12 21:04
鍼治療
at 2019-04-07 10:26
頼りにしていたのに・・・
at 2019-03-21 11:09
高校1年生、精勤賞!
at 2019-03-19 22:03
タイミング
at 2019-03-04 13:23
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

指揮者からの新学期スタート!

長男の高校の入学式では毎年、部活動所属の生徒と有志の生徒たちが集まって合唱で新入生を歓迎するのが恒例のようです。

皆、思い思いに?笑、ラケットやバスケットボール、バットを持ったり、軽音楽部ならギターを片手に(持ってるだけ)など、それぞれに部活動の格好をして、総勢30名ほどが歌ってくれます。

去年はこのユーモア溢れる歓迎を受ける側だったのですが、私はこういう趣旨のものは大好きだから温かい目で見られましたが、それぞれに色々な問題を抱えて緊張の面持ちでこの日を迎えたであろう新入生達の席と保護者席には確実に温度差がありましたよね・・・(⌒-⌒; )

その合唱団の指揮者を、今年は長男が引き受けることになりました。

実は、3月の卒業式にも、生徒全員が歌う校歌の指揮者を引き受けており、たて続けに指揮者を務める事になったのですが、、、

な〜んて、選ばれし長男が大役を仰せつかったという訳ではなく、単に成り手がいなくて【嫌だけど断れない遺伝子】を持つ長男が声を掛けられたのでしょう。。。

引き受けたものの、嫌なことに変わりはなく、卒業式当日の朝までため息まじりの長男でしたが、誰でも経験出来る事ではないのだから頑張っておいで〜٩( ᐛ )وと笑顔で送り出しました。

帰宅後、「入学式も指揮をすることになった」と一言。

おそらくいつもの如く「疲れた〜⤵︎」とため息顔で帰ってくると思っていたので、まさか入学式の指揮も引き受けるとは想定外の展開に一瞬ポカーンとしてしまいました。

どうやら、部活の先輩や友達も合唱団に参加するようで、それもあって引き受けた様子。

いいじゃんいいじゃん、楽しそう(^O^)

なんと言っても春休み明けの『朝、起きる』名目ができたので母としては万々歳ですよね〜お声がけいただいた先生に感謝です。

そして入学式当日。

式は午後からでしたが、準備などで1日がかりの長男たちは、昼ご飯に外出もOKで、友達とラーメンを食べてきたとのこと。

弁当を作るつもりでいましたが、母からなけなしの500円をせびって行きましたが、楽しかった様子を見るとたまにはいいかなと。

高校生にもなると、うちはたまにですが、毎日部活帰りにお腹が空いて帰宅まで保たないからと、ラーメンだのコンビニだのちょくちょくお金が出て行く話を聞きます。

うちはたまにでよかったな、、、この点は有り難いかも知れません。

話がそれましたが💦指揮者も無事に終わったようです。

『友達とラーメン』貯金しておかないと。。。

・・・

肝心の新クラスは、、、
 
進路によってクラス分けされるので、仲の良かった友達が皆同じクラスって訳にはいきませんが、1年で仲良くしていた友達は何人かいるようで、このまま3年もクラス替えなく進級します。

『微妙』と言ってました。

全然いい、微妙で。

だってあなた、去年の入学式の日、『友達ができる気がしない⤵︎』と、どれだけ母を不安にさせた事か。。。笑

担任の先生は、1年からの持ち上がりで、母は面識がないですが、おそらく無難な感じかなと思います。

2年間お世話になる(はずです、まさか来年辞めないわよね💦)ので、クラス懇談会でいっぱいご挨拶しておこうと思います。笑

いや、ほどほどにしておこう。



# by chico-plus2018 | 2019-04-12 21:04 | Comments(6)

鍼治療

2ヶ月ぶりに、長男の鍼治療に行ってきました。

・・・

春休みに入ってからというもの、日に日に寝る時間が遅くなり、、、

この前なんて、、

同じベッドで寝ている夫がガバッと起きた瞬間『地震か?!』と思うほどの振動に(笑)ビックリして目を覚まして時計を見たら深夜3時。

友達と喋りながらゲームをしていた長男、『何時だと思ってんだ!いい加減にしろ!!うるさくてこっちが眠れないよ!!!』とまあまあの怒鳴り声で怒られていました。

地震じゃなくてよかった。

しかしよ、、、ただでさえ最近眠りが浅いのに、、、どっちが?私が眠れなくなっちゃったじゃないか。。。爆

・・・

毎日がこんな調子で、深夜まで起きているから午前中に起きられる訳がなく、、、

具合悪そうに午後になってから起きてくるから、ただスッキリしなくてボーッとしているだけなのか、この魔の季節到来でまた起立性の症状からくる具合の悪さなのか、母には見分けがつかず。

深夜まで起きているという不健康な生活、高校生にもなればそりゃありますよ、ありありです。

友達と笑いながらゲームしてる姿、なんかこう、普通の高校生だなぁと嬉しく思う気持ちもあるのですが、、、

面白いですよね、普通に不健康な事をしているのに、それが嬉しく思えるなんて。

でもそれ以上に、身体の不安定な長男がそのような生活を送る様子は、また体調が大きく崩れるのではないかと、心配と不安が大きかったです。

・・・

というような事を鍼の先生に愚痴ったところ、長男からは『余計な事を言うな』という目で睨まれましたが、、、怖っ

「そういう(昼夜逆転のような)無理をしても
頭痛や立ちくらみはないようですし、身体は落ち着いてきていますよ」との事でした。

そして、次回1ヶ月後に治療してみて、安定しているならそこで治療は卒業しましょう、という事になりました。

嬉しい。

そろそろ、手探りで心配して不安に思わなくてもいいのね?

・・・

来週から新学期スタートです。

朝起きてね!


# by chico-plus2018 | 2019-04-07 10:26 | Comments(4)

頼りにしていたのに・・・

長男の高校にアメリカ人の英語の先生がいます。

3年生の担任だったので学年が違う事もあり、通常の授業は他の先生が担当でしたが、長男とは放課後の英検対策の補習で接点がありました。

ネイティブの先生から英語を学べるなんて、なんと恵まれた長男だろう!と英検に関しては全てジェームズ(仮名)先生にお任せのつもりでした。

2回落ちている準2級の今後について、今年に入りジェームズから『お前には準2級まだ早い、次の6月の受験は見送って10月に頑張れ』と言われたそうです。

この話を、今学期最後の三者面談時に、長男から聞き、ちょっと困惑の母。

まだまだ全然試験に慣れていない長男、試験前にしか勉強しません。爆

当然ながら、その勉強量の分しか点数にはなりません。いや、その分だけでも点数になればまだいい方だし、時間がなくて最後まで解けなかったという事を繰り返しています。

数打ちゃ当たる方式ではないけれども、まずは試験というものに慣れてほしい、『試験に向けて前もって勉強して試験に臨む』という当たり前のサイクルに慣れてほしいのです。

英検に限らず、他の試験もありますから、前もって勉強→試験、前もって勉強→試験というサイクルの波に乗ってほしいなぁと。

天才でもないくせに、受験には地道な毎日の勉強の積み重ねが必要だという事をどうやらまだ知らないみたいです。爆

なので、機会があればどんどん試験を受ける事で、物理的にその波に乗っちゃおう!という訳です。

なのに、心配なのは、6月の試験を受けない→しばらくは勉強しない→10月の試験1週間前に焦り出し勉強するも落ちる、といういつもの最悪のパターン。爆

イケメンの担任の先生もこれを聞いて母と同じように心配し、『2回落ちてんだから、次はちゃんと勉強して受かろうね』とプレッシャー。

まあ、とはいえ、もちろん長男はジェームズ先生のいう事を優先して聞きますし、母も、プロの、ネイティブのジェームズが言うのだからと思い、6月をすっ飛ばすけれども10月の英検に向けてきっちりと着実に勉強するようにフォローしてくれるんでしょうね!と、そちらに期待を向けることにしました。

・・・

そして、3学期終了日の離任式。

ジェームズ離任。

イケメンの担任の先生も離任。

マジか・・・爆

イケメンに関しては諦めていた、というか、薄々は感じていました。

が、ジェームズよ、コラっಠ_ಠ

長男の英検、どうしてくれるのよっ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
 







# by chico-plus2018 | 2019-03-21 11:09 | Comments(4)

高校1年生、精勤賞!

長男、無事に高校1年生が終わりました。

最終日、通知表と精勤賞と書かれた賞状をもらって帰ってきました。

欠席3回、遅刻1回でしたが、それは精勤だそうです。

『あなたは今年度一年間、健康を保持しよく精勤しました』と書いてある。

長男の高校ならでは、という感じですね。

かわいらしいなぁ・・・笑

ちなみに、皆勤賞は校長先生から直に手渡しでいただくそうです。

2年は皆勤を目指そう!と言ったら、ಠ_ಠ←こんな顔。

進級前からグッタリさせてごめんなさいね。笑

いやぁ〜でも本当によく頑張ったと思います!!

・・・

3年生の卒業式が10日ほど前に行われ、1、2年生も全員参加だったのですが・・・

昨日の夕食時、思いついたように、その卒業生の答辞がとてもよかったと話してくれました。

「お母さんが聞いたら、絶対に泣くやつ」だったそうです。

その答辞に周囲は皆泣いており、途中から彼自身も泣きながら読み上げていたそうです。

「小学校も中学校も卒業式の間中早く終わらないかなあとずっと思っていたのに、今回の卒業式が一番よかった、話が耳に入ってきた」と言っていました。

具体的な内容は聞いていませんが、聞かずとも何となく想像できますよね。

それを想像しようとするだけで、もう泣けてきます。笑

再来年、号泣でしょうね、きっと。笑

それよりも何よりも、そんな風に感じながら式に出席していた長男の成長に感心し、そのことを話してくれた長男に、心で嬉し涙。

・・・

長男の1年生終了と共に、私のPTA役員も無事に終了しました。

長男の様子を少しでも知れるよう、情報を得られるよう、1年前、じゃんけんで勝ち取った役員だったのですが、笑、じゃんけんで勝ち取れて本当によかったなと思います。

高校生にもなれば、役員にでもならなければ、学校行事にはほとんど参加しないのではないかな?と思います。

中学の時に見ることができなかった長男の学校での様子を、学校行事を通して大体一通り見ることができ、学校の事を含めほとんど話してくれない長男とそれをネタに話すことが出来た事も役員をやってよかったと思える事の一つです。

また、私が役員になって学校に足を運ぶことによって、長男も休まずに学校に行ってくれることも願っていました。

ありがたいことにうちの場合は、不登校にならずに通う事ができましたが、「子供はほぼ学校に来てないけど、私の方が学校に来ているくらいだ、それもありか〜(^з^)」と笑いながら話してくれた役員のお母さんが何人かいました。

長男が中学で不登校だった時、「なり手がなければ全然役員になってもいいけど、子供が不登校なのに、子供がいない学校に行くのは、、、行けないよね、、、」という思いだったのですが、今はそれも大いにありだなぁと共感してます。

この高校だから、だからそうやって笑って話せるんだというのはありますが、だからこそ、笑ってそんな話ができる、この高校を選んで正解だったかな?!(まだあと2年あるのでね、まだまだ半信半疑な部分はありますが)1年経った今そう思います。

1年生の初めから通えていない子もいれば、1、2年の時は毎日行けていたのに、3年生から通えなくなったという子もいます。

PTAは、それを気兼ねなく、ためらいなく話せるお母さん達の場でもありました。

・・・

こんなに『役員やってよかった』アピールしといて、実際は皆さんの足手まといにならないように動くので精一杯な私でしたが、、、汗

母子ともに、まずまずの一年だったのではないかと振り返っています٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ
いつもお読みいただきありがとうございます!

# by chico-plus2018 | 2019-03-19 22:03 | Comments(4)

タイミング

早いものであと1ヶ月もしないうちに子供達は春休みを迎えます。

長男は終業式までの間にポツポツと数日登校するだけです。

もう春休みみたいなもんです。

だけどたまに学校に行く。。。

どっちかにしてほしい。。。

次男の小学校は、25日までしっかりと学校に行きますが、給食はその前の週で終わりです。

25日まで食べてきてよねぇ。。。

・・・

長男の大学の事を考えては落ち着かない私でしたが、、、

すべてを把握しておきながら、口は出さずに長男が自分で気がついて行動するのを待つという、もどかしい気持ちをかなり消化する事ができました。

皆さんのおかげです(*´ω`*)
本当にいつもありがとうございます(*´ω`*)

そしてその間に、いくつかのタイミングを見つける事ができました。

長男が自分自身で考え、そこで小さくていいからなにか気付いてくれたらいいなというタイミングです。

その一つに、つい先日、以前ブログにもお話した、私の友達が紹介してくれた建築士の方にまたお会いする機会がありました。

その方が設計されたお宅の内覧会にお誘いいただき、2人で出かけてきました。

木の香りのする、無駄のない、開放感のあるお宅で、とても素敵でした。

一通り見学し、図面も見せていただいて、長男もすっかり気に入ってしまい、その空間から離れたくない様子でした。

せっかくの機会だからといって専門的な質問ができる訳でもなく、客でもない、ただのひやかし同然の私達に、仕事中にお時間をいただき、本当にありがたく、感謝しかないです。

そういった事も含めて、長男が何を感じたか。

とてもいい機会に恵まれました。

・・・

帰り道、「とにかく勉強しなきゃ、、、数学がやばい」とポロっと話してくれました。

数Ⅰの初めのところは簡単だったようですが、難しくなってきたようで、塾での進み具合にも不安があるようです。

難しい範囲に進めた証拠じゃん、よかったじゃん?!と思いますが、今後まだ先にある数Ⅱ・数Bの事を思って進み具合に不安が出てきたのでしょうか。

何にせよ、そういう不安が見えてきた、そしてその気持ちを私に話してくれたというのは一歩前進だと思います。

残念なことに、翌日から猛勉強をし始めるなどということはありませんでしたが、笑、こういうタイミングの積み重ねに期待しているところです。


# by chico-plus2018 | 2019-03-04 13:23 | Comments(5)